0120-613-390

平日9:30~20:00(12:00~14:00昼休憩) 土曜9:30~12:30

18: 00~20:00は完全予約制(17:50までにご予約お願いします)


アトピー・アレルギー


〈可 視総合光線療法>※光線治療器はコウケントー使用!



光 線治療でアトピー性皮膚炎が改善!


ア トピー治療効果

もしあなたが



あきらめないでください!

わたしたちがあなたの悩み解消のお手伝いをします。

・温泉でゆっくり1日リフレッシュ

・今日はどんな服を着てでかけようか な

・今日は、化粧を念入りに楽しみな デートの日

これがあなたを待っている 未来です


アトピー性皮膚炎とは・・・


アレルギー反応で皮膚の炎症(なおりにくい湿疹など)と強いかゆみを伴うものです。

過 敏症の一種です。(免疫異常)


原 因

職場や家族間のストレスや生活スタイル、
突然の生活環境の変化などがアトピー性皮膚炎を発症させます。


[アトピー性皮膚炎になりやすい性格や体質]

性格
1.感受性が強い
2.気が小さい
3.ストレスに弱い
4.自分に自信がない
5.甘えん坊
6.柔軟性がない

※ストレスを他人より強く感じるという性格的な弱点を持っています。
アトピー性皮膚炎の根本治療には、性格面の改善と体質改善の2つが重要です。


アトピー性皮膚炎は必ず治る

アトピー性皮膚炎は気長に可視総合光線治療と、日常生活の改善を行えば必ず改善します。
ストレスに負けないように自分に自信を持って生活しましょう。
自信とは、自分を信じると書きます。自分を信じて下さい。
そして乾燥肌を守るための毎日のスキンケアを欠かさないようにしてください。
かくことは禁物です!
そうすれば必ずかゆみと皮膚炎は次第に消えていきます。
アトピー性皮膚炎の患者さんは、皮膚の免疫システムの異常や血行不良でかゆみの神経が過敏に反応するなどの異常状態にあります。
皮膚の機能の改善や強化が必要です。
皮膚の機能を改善する方法のひとつに紫外線を含んだ人工光線を照射する
「可視総合光線療法」があります。




<アトピー:肌 のお手入れ方法>

◎冬のスキンケア
   冬はアトピー性皮膚炎が悪化しがちです。
   それは湿度が低く、汗もかきにくいので肌が乾燥するからです。
   冬の間は絶対に保湿を忘れないようにしましょう。
   冬の間の保湿には、油分の多い保湿クリームがおすすめです。
   ※肌細胞が生まれ変わる夜の睡眠中はたっぷり保湿しましょう。

◎夏のスキンケア
   汗のかきっぱなしはよくありません。
   皮膚に寄生する細菌が繁殖してしまうからです。
   その細菌に皮膚の免疫細胞が過剰に反応して、かゆみが起きます。
   
汗をかいたらぬるめのシャワーを浴びるようにしてください。

    その時シャワーの勢いをゆるめにし、肌への刺激を抑えるために

    気を付けましょう。

    シャワー後の保湿クリームを忘れないように!

   ※保湿クリームは油分の多いものと少ないものの2種類を

     用意しましょう。

    ・日中は、ベタツキによる不快感を感じない様に油分の少ないものを

     使用しましょう。

    ・寝る時は、十分に保湿ができるように油分の多いものを使用

     しましょう。

     患部にはたっぷり塗りましょう。

※皮膚炎のストレスを忘れていられるように、鎮静作用のあるミ ントの入ったものがオススメです。


治療方法

患部の大きさに合わせて光線を照射していきます。
 ※直接照射=患部に直接照射
 ※間接照射=患部以外の効果のある部位に照射
注)紫外線過敏症の患者さんは事前にご相談ください。
注)有害な紫外線は含まれていません。

今紹介したのは外的要因から皮膚の機能を改善する方法です。
もうひとつ大切な要因があります。
それは、「腸内環境」です。
免疫異常の原因に腸内環境の乱れも関係していると言われています。
腸内環境を改善すると、アトピーも改善されたという報告もあります。
そこで私たちは、外から光線治療・内からは乳酸菌生産物質を飲んでいただき、
外(皮膚機能)、内(腸内環境の改善)で肌機能を整えていきます。

 


さくらゼーションの光線治療は、なぜ肌のトラブルを改善できるのか?

・皮膚の水分量を増やし、潤いを与える効果があります!

・皮膚のかゆみを抑える効果があります!

・創傷部の血行改善とともに創傷部の治療経過をすみやかに進め、種々の細胞を呼び寄せて強靭な肉芽の形成を促し、あらゆる創傷の回復を早めます!

・可視総合光線にはビタミンD、カルシウム、代謝を介する免疫調節作用があり、免疫異常を改善します!

・症状に合わせ、光線の種類を変えることができます!


1.さくらゼーションの治療目的


◇悩み・辛さの改善はもちろんのこと、病気にならないよう健康な身体作りを目指します!

◇予防的な意味も込めて、症状の軽い方も多数来院されています。

◇症状が安定したらドンドン治療間隔を開けていきます!

2.施術の内容


◇湿疹患部へ照射します。〈素肌に直接照射〉

◇間接照射で体調を整えます!〈両足裏、両膝部、両足首〉
   ※症状により照射部位は変わります。

◇光線治療は副作用が無いので、安心して治療を受けていただけます!


注:まれに陽性反応により、湿疹患部が赤みを増したり、一時的にかゆみが増すこともあります。
  ※治療用カーボン:3000、3001、3002、4000、4009番の組合せにより治療します。
  ※病院で出されている塗り薬との併用をオススメします。

3.施術の結果


◇かゆみ、肌の状態が改善していきます。

◇根本的な原因を治療するので効果が持続します。〈体質改善につながります。〉

◇その日よりも次の日、また次の日と時間が経つに連れて改善していきます。
  〈急激な改善を望まれる方はご遠慮ください〉

◇時間はかかりますが、必ず改善できます!

4.アフターフォロー


◇身体の状態を診て、最適な治療計画をご提案させて頂きます!

◇免疫力向上、体質改善のアドバイスをさせて頂きます!
  それによって、アレルギー体質から解放されます!

◇いつでも困った事、わからない事、悩みなどご相談ください!
  治療日以外でもお聞きします!

5.その他


◇予約制なので待ち時間がありません!

◇理想の治療間隔のご提案はしますが、予約の強制はしませんのでご安心ください。
  (あなたのペースで!)

光 線治療を受けた感想

光線治療感想

光線治療感想

光線治療感想

光線治療感想

光線治療感想

光線治療感想






アトピー改善コース ~素肌美人をあなたへ~

    ・1 回治療時間30分

    ※月曜日~金曜日の間で1日1回、週に4回以上治療を受けて下さい。

 アトピー料金表

※光線治療基本料金 20分:3,000円

          30 分:4,500円

          40分:6,000円

注意>必ず1週間に4回以上治療を受けて下さい。それが難し い方は、光線治療チケットの購入をおすすめします。

チケット料金 (治療30分コース)

    

    ・15回   18,000円

     ・10回   36,000円


アトピー改善コースを受けたあなたへ、肌の変化を感じることをお約束します!

薬のいらない生活にあなたを招待します!




さ くらゼーションがあなたにする6つの約


束!


その1

本当にこの辛さから解放されたい方のため一生懸命治療します。
今までたくさんのアトピー性皮膚炎の患者さんを見てきました。
少しでもそんな方々のお役に立ちたいと「さくらゼーション」を開店致しました。
そんな方々の問題を根本から改善し、抱えている症状を治したいと本気で考えております。
人の体には自然治癒力があります。
光線治療は免疫力を高め、その自然治癒力を引き出す力があります。


その2
病気に負けない健康な体を作ります。
免疫力を高め、体質改善を行います。
あなたの健康な体を取り戻すことができます。


その3
アフターフォローもお任せ下さい。
治療と平行して、普段の生活において患者様とご相談の上アドバイスさせて頂きます。
治療以外でも患者様のためになる情報をご提供いたします。


その4
インフォームドコンセント(説明と同意)
当店では患者様に施術内容、患者様の現在の状況を十分に説明させて頂きます。
その上で患者様が納得(同意)されたかを確認できてから治療を行います。


その5
店内器具も手も常に清潔に保っています。
当店では直接患者様に触れて治療いたします。
その手やベッドは毎回消毒殺菌しております。
使用するタオル、その他は1治療毎に取り替えています。


その6
次回の予約は強要しません。
患者様のペースに合わせた治療で疾患の改善を目指します。
当店より提案する治療アドバイスを参考に、ご自身のペースで治療をお受け下さい。


          


可視 総合光線とは…


人工的に作り出した害のない太陽光を直接体に照射することにより体温を上げ、
自身の持つ自然治癒能力を引き出し、かつ自己免疫力を高めるものです。
※東京では医療機関(病院)にて光線治療が行われています。

<ニールス・リーベング・フィンセン>
デンマーク・フェロー諸島の内科医、科学者。1903年、疾患の治療への貢献、特に異常性狼瘡への光線治療により、医学に新しい道を開いたことを評し、 ノーベル生理学・医学賞が授与された。



 
治療の流れ



1.電話等でご予約を!!













2.ご予約された日にご来店!













3.簡単な問診表を書いて頂きます。
 













4.まずは温度を計ります。













5.いよ いよ光線治療開始です!

 












6.また のご来店をお待ちしております!
















最 後にあなたに提案です!


ここまで読んでいただきありがとうございます。
当店では患者様の立場に立ち治療に専念いたします。
患者様の免疫力を上げ、自然治癒力を高め、健康な体を取り戻すお手伝いをさせて頂きます。
基本は体質改善です。治療には焦らず、ゆっくりと取り組まれることをオススメいたします。
結果は必ずついてきます。
当店を信じて治療にチャレンジしませんか?
明るい明日へ!

P.S治療の目安は1ヶ月です。(症状・治療間隔により変動します)
本気で治したい方はお問い合わせください。

 アトピー性皮膚炎アキレス腱

アトピー性皮膚炎右手

アトピー性皮膚炎右頬

アトピー性皮膚炎背中

アトピー性皮膚炎鼻・耳



アトピー性皮膚炎の治療報告と症例!

症例1
アトピー性皮膚炎
◇15歳 / 女性
◇症状の経過:


生 後まもなくアトピー性皮膚炎が現れた。その後は比較的安定していたが、最近アトピー症状がひどくなってきた。右頬よりひどくなり始め、約3ヵ月間でほとん ど全身に広がって、かゆみが強くなった。日中は足裏がたいへん冷たく、床へつくと温まり、いっそうかゆみが強く現れ睡眠にも支障があった。皮膚科へ通院し てもほとんど改善がみられなかった。

◇治療の経過:


光 線治療開始約2ヵ月後、背中部、臀部、肩部を中心に皮膚が大分きれいになり、かゆみも軽快してきた。入浴した直後はかゆみが起こるが、光線治療前に比べア トピー性皮膚炎の症状が8割方改善した。光線治療3ヵ月後には、さらにかゆみが和らぎ足底の冷え感もなくなってきた。背中部、腹部、腕部、肩部が特に改善 し、皮膚のかさつきもとれた。顔面への治療は全く行っていなかったが、顔のアトピー性皮膚炎も改善した。


症例2
アトピー性皮膚炎(湿潤傾向)
◇28歳 / 男性
◇症状の経過:


15 歳の頃、受験をきっかけにアトピー性皮膚炎が肘窩(肘の内側)、膝窩(膝の裏側)を中心に現れ、徐々に頸部、胸部、背中と広がった。皮膚科のステロイド軟 膏を2~3年塗布したが、効果も上がらずかゆみや不眠が続き中止した。特に頸周囲がジクジクして赤みを帯び、下着やシャツも汚れる状態であった。人前に出 ることも気が引けて消極的となっていた。また、足裏部の冷えがたいへん強かった。

◇治療の経過:


治療1ヵ月後、全体的に症状が緩和してきた。9ヵ月 後には、いちばんひどかった頸部のジクジク感、赤みやかゆみが非常に軽減した。会社でも自然と活動的になり、積極的になった。足の冷えが緩和し熟睡できる ようになる。

症例3
アトピー性皮膚炎(湿潤傾向)
◇4歳 / 男児
◇症状の経過:


生 後まもなくアトピー性皮膚炎が現れた。1年ほど前から特に頸部、足首に症状が強く、検査ではハウスダスト、卵、牛乳に反応が認められた。皮膚科の塗薬を使 用していたが、手の甲、肘窩、膝裏にも皮疹が現れた。落ち着きがなくなり、眠っていてもかゆみのため皮膚を引っかき、傷ができて分泌物が出ていた。かゆみ と痛みでぐずって困っていた。

◇治療の経過:


治療開始後3週間で痒みが和らぎ、頸部、足首と手の 甲部の回復が著しかった。皮膚科でもらった塗薬は中止していたが、光線治療により皮疹症状は落ち着き、安定している。8ヵ月後、最もひどかった頸部の湿疹 も改善した。

症例4
アトピー性皮膚炎(乾燥傾向)
◇26歳 / 女性
◇症状の経過:


小学校入学時よりアトピー性皮膚炎が現れ、春から夏 にかけての症状が強く、湿潤と乾燥を繰り返していた。頸部、肘窩部がひどく、手掌部にも出現した。かきむしるため皮膚がポロポロ落ちて困った。皮膚科の治 療はあまり効果がなかった。

◇治療の経過:


治療開始2ヵ月後、毎年特に症状が悪化する夏期にも かかわらず、しだいに皮膚の症状が改善してきた。1年後頸部、肘窩部の皮膚が見違えるほどきれいになった。堂々と半袖が着られるうれしさから、お化粧にも 気がまわるようになり、表情や気分も明るくなった。

症例5
アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎が改善
◇33歳 / 女性・主婦
◇症状の経過:


17 歳時、水害被災地でのボランティア活動で体調を崩し、顔、頸のかゆみから始まり、1ヵ月で全身にアトピー性皮膚炎が広がった。同時にアレルギー性鼻炎も併 発し、鼻で呼吸がしづらい状態が続いた。29歳で結婚、田舎暮らしを始めたころは、一時小康状態を得たが、転勤で都内に引っ越してから、また症状が悪化し た。かゆみで不眠が続き、食欲不振となり、体重は1ヵ月で5kg減った。

◇治療の経過:


昼間に光線治療すると夜までかゆみは治まり、鼻の通 りもよくなるが、就寝時はかゆみと鼻詰まりで熟睡できない状態であった。寝る前に再度治療し、下肢の冷えの改善に努めた。
2ヵ 月で足の冷えが改善し、寝つきがよく、熟睡できるようになった。ステロイド薬を長期間使用していたため、皮膚は薄く、赤黒い状態であったが、治療3ヶ月目 よりぽろぽろと皮が剥けてきれいな皮膚になった。食欲が出て体重も増え、かゆみも消退し、6ヵ月後には、友人から別人のようにきれいになったと言われた。

症例6
アトピー性皮膚炎のかゆみ、喘息が改善
◇6歳 / 女児・身長120cm、体重21kg
◇症状の経過:


生後6ヵ月ごろ、顔を中心にアトピー性皮膚炎を発症 し、ステロイド治療を続けていた。3歳時、風邪をきっかけに喘息を発症し、アトピー性皮膚炎の症状も悪化する悪循環を繰り返していた。かゆみと喘息で睡眠 不足になり、足が冷えて、食欲もなく、顔色が悪く、元気がなかった。

◇治療の経過:


足 の冷えが強いので、下肢部への光線照射をしっかり行なった。治療によって冷えが改善し、鼻の通りがよくなり、喘息発作が少なくなり、睡眠もとれるように なってきた。皮膚は感想が強かったため、保湿剤を併用して光線治療を行い、日ごろから鼻呼吸を心がけてもらった。皮膚のかゆみ、炎症は徐々に治まり、光線 治療6ヵ月後には、大変きれいな皮膚になった。喘息発作も治まり、血色もよく元気に外で遊べるようになった。

症例7
アトピー性皮膚炎が改善、きれいな肌に
◇6歳 / 女児・身長115cm、体重26kg
◇症状の経過:


生後6ヵ月ごろから、アトピー性皮膚炎が顔以外の全 身に出現していた。5歳ごろからは、顔など全身のアトピー性皮膚炎の症状がひどくなり、皮膚科で弱いステロイド系の外用薬と消炎剤をつけていた。

◇治療の経過:


非ステロイド系の外用薬のみをつけながら、自宅で毎 日光線治療を続けた。照射を始めて10日前後で、汗をかくようになった。
治療1ヵ月後、汗が出るようになったので、かゆみが 強くなった。治療2ヵ月後、アトピー性皮膚炎疾患の皮疹から滲出液が出て、かゆみがさらに強くなった。
夏休みに海水浴に行ったが、海水が患部にしみるの で、海には入れなかった。しかし、帰宅してから皮疹は徐々によくなってきた。
治療3ヵ月前後から、アトピー性皮膚炎に改善傾向が 見られた。その後は、一時的に悪化することもあったが、順調に経過した。治療10ヵ月後にはきれいな肌になった。

症例8
子どものころからのアトピー性皮膚炎が改善
◇20歳 / 女性・大学生・身長155cm、体重49kg
◇症状の経過:


生まれてすぐアトピー性皮膚炎があり、3歳時に光線 治療を始めた。光線治療を続けたところ、小学校入学前にはアトピー性皮膚炎の症状が改善した。
その後、中学入学時にアトピー性皮膚炎が再発したの で、皮膚科での処方薬を塗布していたが、まったく症状の改善がなく、18歳時、光線治療を再開した。

◇治療の経過:


ステロイドの塗り薬は中止し、保湿剤のワセリンのみ をつけながら、自宅で光線治療を継続した。
足の冷えが軽度であったせいか、治療1ヵ月でほぼよ くなり、その後はアトピー性皮膚炎症状が多少出ることもあったが、さらに光線照射を続けたところ、治療2年で完治した。

症例9
風邪引き体質とアトピー性皮膚炎が改善
◇23歳 / 女性・フリーター
◇症状の経過:


幼少時から、頭から頸にかけてアトピー性皮膚炎があ り、かゆみは少ないがいつもかさかさしていた。もともと扁桃が弱く、風邪を引くとアトピー性皮膚炎の症状も悪化した。昨年夏に風と化粧品かぶれから再びア トピー性皮膚炎が悪化した。

◇治療の経過:


下半身は充分に時間をかけて照射し、冷えを改善させ た。鼻呼吸をさせ、喉の粘膜が乾燥しないように注意した。治療1ヵ月後には、頬と耳の患部が乾燥し、かさぶた状態になった。2ヵ月後にはきれいな皮膚にも どった。かゆみ、冷えは解消し、その後は風も引かなくなった。

症例10
背中に広がったアトピー性皮膚炎が軽快
◇22歳 / 女性・会社員・身長164cm、体重45kg
◇症状の経過:


18歳時、高校を卒業ごろから背中にアトピー性皮膚 炎が発症した。数週間で顔面にも症状が見られるようになり、その後2~3ヵ月の間で全身に広がった。
もともと乾燥肌を治療するため、皮膚科に通院してい たが、一進一退の状態で、はかばかしい効果はなかった。社会人になってからは、なかなか通院の時間がとれず、就寝時はかゆみのため、満足に睡眠もとれな かった。
また、毎年春先にはスギ花粉症で、鼻水、くしゃみ、 眼のかゆみに襲われることから、この季節はとくにつらい思いをしていた。

◇治療の経過:


週に5~6日、自宅で治療を続けた。椿油で皮膚を保 湿しながら、光線を照射した。
治療1ヵ月間で、アトピー性皮膚炎の発赤、かゆみは しだいに軽減してきた。足の冷えも改善して、就寝時、からだが温まると出ていたかゆみも軽くなってきたので、睡眠がよくとれるようになった。
治療2ヵ月後、アトピー性皮膚炎の症状は改善し、皮 膚もきれいになり、かゆみもなくなった。
また、光線治療を始めてから、これまでのスギ花粉症 も出なくなり、体調は非常によくなった。その後は、冷え性、アトピー性皮膚炎の再発を予防するために、週に2~3日は光線を照射するよう心がけている。

症例11
アトピー性皮膚炎と鼻詰まりが改善
◇16歳 / 男性・高校生
◇症状の経過:


生 後まもなく、アトピー性皮膚炎を発症したが、ステロイド治療で治まっていた。しかし、アレルギー性鼻炎で年中鼻が詰まっている状態で、風邪を引きやすかっ た。高校受験の勉強で、夜ふかしや、食事も不規則になったころから、下腿部や膝裏にアトピー性皮膚炎が再発した。ステロイド薬は使いたくないので、両親が 使っていた光線治療を試そうと思った。

◇治療の経過:


初 診時、足が大変冷たく、鼻詰まりも強く、常に口呼吸で、喉も赤く腫れていた。まず足の冷えを改善することを主眼に光線治療を行なった。光線治療により足に 冷えが改善するとともに、鼻詰まりも徐々に解消した。鼻で楽に呼吸ができるようになってきた。鼻炎が治まるにつれ、アトピーのほうもかゆみが少なくなり、 かさついて硬くなっていた皮膚も、徐々にやわらかい皮膚になった。1ヵ月ほどでアトピー性皮膚炎はよくなった。

症例12
全身に広がったアトピー性皮膚炎がほぼ完治
◇31歳 / 女性・美容師
◇症状の経過:


25歳くらいから、からだのあちこちにアトピー性の 湿疹ができ始め、かゆくつらい思いをしていた。1年前より、汗をかくと湿疹がひどくなり、かゆみが強くなった。無意識に手でかゆい部位をかき壊し、痛みも ともなうようになった。
近くの皮膚科に通院し、内服薬と外用薬を塗布した が、症状の改善は見られず、しだいに湿疹が全身(胸部、腹部、背中、腰部、両手両腕、大腿部前後)に広がった。
夜はかゆみで熟睡できず、このために職場を3回も替 わることとなった。

◇治療の経過:


初診時、睡眠不足のため、眼はとろんとしており、体 液調整療法の診断によると、腎経、膀胱経、脾経はかなり不調であった。
初 診の治療後、かゆみが治まったのと、からだが気持ちよく温まったため、慢性的な寝不足もありそのまま少し寝てから帰宅した。その後、3月中は一進一退の状 態が続き、患者自身も治療効果について半信半疑だったようだが、この月は6回通院した。しかし、4月以降は、治療のたびに確実にかゆみの軽減が見られるよ うになり、週2回(月9回)のペースで通院治療した。
6月になると、全身の患部にかなりの改善が見られた ため、週1回のペースで治療を継続することとした。6月末には、全身のかゆみも患部の赤みもほとんど消退し、表情も明るくなった。
7月からは新しい職場に就職が決まったと、うれしそ うに報告してくれた。彼女本人はもちろんのこと、彼女の母親も本当によかったと喜んでいた。
美容師という仕事柄、どうしても手を使うことが多い ため、手指にはまだ多少症状が残っているが、光線治療の継続により、早晩、完治できると確信している。

症例13
アトピー性皮膚炎が改善、勉強にも集中
◇21歳 / 男性・大学生・身長164cm、体重50kg
◇症状の経過:


幼 少時よりアトピー性皮膚炎があり、ときどき症状が出ていたが、そのころは軽くすんでいた。大学入学後、アトピー症状が顔に強く出るようになった。病院で処 方された弱いステロイド系の外用薬を塗布し、服薬もしていたが、あまり効果がなかった。湿疹が全身に広がり、かゆみも強かった。

◇治療の経過:


自宅で光線治療を続けた。ステロイドの外用薬は中止 し、ワセリンのみをつけながら、光線照射を毎日続けた。
治療1ヵ月前後でかゆみが減り、上半身の湿疹が改善 してきた。治療3ヵ月後、アトピー性皮膚炎の症状はきれいになり、頸部と膝裏に若干かゆみが残る程度になった。
顔の色つやがよくなり、膝裏の皮膚も非常にきれいに なった。かゆみが減り、睡眠状態も改善し、勉強に集中できるようになった。

症例14
アトピー性皮膚炎と気管支喘息が改善
◇16歳 / 男性・高校生・身長155cm、体重50kg
◇症状の経過:


生 後1ヵ月ごろから湿疹が出現し、小児科、皮膚科でアトピー性皮膚炎と診断された。病院からのステロイド外用薬は、あまり使わなかった。食物(卵・牛乳・大 豆)アレルギー、ダニアレルギーがあり、食事療法、温泉療法、クロレラ療法などを行なったが、どれも効果は見られなかった。かゆみが強いので、非ステロイ ドの外用薬をつけていた。
4歳時、手足の冷え、かゆみが強いので光線治療を開 始。

◇治療の経過:


非ステロイド系の外用薬と馬油を塗布しながら、自宅 で光線治療を続けた。
治療3週間後、頸部前面とそけい部のかゆみは改善し たが、ほかの部位は変化なく、37.2℃の微熱が続いていた。
治療2ヵ月後、口周辺の湿疹はよくなり、他の部位の 湿疹もきれいになってきた。治療7ヵ月後、アトピー性皮膚炎が足首の部位に少し再発したが、光線照射を続けたところ、2ヵ月ほどでよくなった。その後は馬 油のみで、アトピー性皮膚炎は落ち着いていた。
6歳時、喘息のため、病院に入院して治療を受けた。 アトピー性皮膚炎の状態はよかったので、喘息の治療を行なった。
その後、喘息は光線治療と服薬により、10歳以降は 安定し、アトピー性皮膚炎のほうはときどき部分的にかゆみが出る程度であった。
13歳ごろから学校でのストレスによると思われる眠 気、フワフワ感、集中力の低下があった。
12年後(16歳)になって、アトピー性皮膚炎が少 し再発したので、保湿用のワセリンと弱いステロイドの外用薬を塗布していたが、かゆみが続くので、再診した。

症例15
アトピー性皮膚炎とベーチェット病が改善
◇45歳 / 女性・主婦・身長162cm、体重52kg
◇症状の経過:


26歳ごろからアトピー性皮膚炎が見られるようにな り、漢方薬と断食、施療院での光線治療でよくなった。
40歳時、ハーブ療法でのヒーリング(治療)を受け たところ、アトピー性皮膚炎が再発した。顔や頸部が赤くなり、かゆみがあったので漢方薬で治療していた。しかし、症状の改善はなく、ベーチェット病による 口内炎もあるので、受診した。

◇治療の経過:


毎日、自宅で光線治療を続けた。顔、頸部の赤みはな かなか引かなかったが、治療2ヵ月後から徐々に赤みが薄くなり、かゆみも減って、治療3ヵ月後にはかなり改善した。
その後は、ときどき照射する程度だったが、治療1年 前後で口内炎は落ち着いた。治療3年後、アトピー性皮膚炎、ベーチェット病の口内炎は治まった。
治療4年後、父親が脳梗塞を起こし、その介護疲れで 再びかゆみや口内炎が出現したので、週に2~3日、光線治療を継続している。
                       

                   ・可視総合光線療法(治療報告と症例集)

                   ・可視総合光線療法(理論と治験)
                        医学博士 黒田一郎 著より




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




基本的に日曜・祝日 はお休みです。
朝9:30~18:00(土曜日12:30)までやっておりますので、
まずお電話で空いているかご確認の上ご来ください!

当日予約でもベッドが空いていれば受付可能です。



 



 




inserted by FC2 system