0120-613-390

平日9:30~20:00(12:00~14:00昼休憩) 土曜9:30~12:30

18: 00~20:00は完全予約制(17:50までにご予約お願いします)


更年期障害


コウケントー


更年期障害


国 際的に、更年期とは、「女性の生殖期から生殖不能期への移行期」とされています。年齢的には40~56歳頃、特に42~55歳頃といわれています。更年期 は、成人病(生活習慣病)の発生時期と一致するため、種々の症状が起こりますが、更年期に起こる不定愁訴を更年期障害と呼んでいます。
不定愁訴とは、「訴えが自覚症状だけであるか、あるいは他覚所見があっても、それと本人の訴える症状とのあいだに因果関係を証明することができないような もの」をいいます。
更年期に多い不定愁訴は、肩こり、腰痛、頭痛、頭重、疲れ、めまい、のぼせ、不眠、動悸、物忘れ、ゆううつ、冷え症など多彩です。

 

更年期障害の成因


  女性の内分泌、自律神経、情動(情緒)の各系は、相互に関連しあいながら、からだの内外の変化に対応し、調和が保たれています。老化による卵巣からの卵胞 ホルモン(エストロゲン)の分泌低下、環境の変化、心理的ストレスなどがあると、その調和は乱れ、各系に関係する不定愁訴を自覚するようになります。
 女性の場合は、幼年期、初潮、思春期、性成熟期、老年期というライフサイクルの変遷が比較的明らかであり、それぞれの時期に応じて前記したような各系の 調和が乱れやすく、そのため不定愁訴が起こりやすいといえます。
  更年期障害は、卵胞ホルモンの分泌が低下していく時期に起こりますが、このホルモンの不足が不定愁訴を生じさせるわけではありません。脳にある内分泌中枢 の老化による変化が、同じ部位にある自律神経中枢にも影響を及ぼします。この自律神経系の変調が、更年期の不定愁訴を生じさせることになります。これらの 症状は、更年期の女性ほとんどに現れますが、それを異常と感じ重症感を持つかどうかはそれぞれの人の気質や性格に関連しているようです。


          
 

更年期障害になりやすい人


  更年期障害になる人の体質は、無力性体質であることが非常に多く、胃下垂や内臓下垂、冷え症などがあって、神経質な完璧主義者、内向的孤立型、趣味がない 一途型などが多く、自律神経系の働きも不安定になりやすい特徴がみられます。一方、自律神経系の働きが安定している女性では、更年期の不定愁訴は起こりま せん。したがって、更年期障害は、更年期の女性のすべてに起こるわけではなく、約半数に認められるにすぎません。

         


心因性更年期障害


  心因的原因が強く働いて起こるものを、心因性更年期障害といいます。更年期になった女性は、性機能を喪失してしまったと感じて、女性としての価値や生きる ための心の支えを失い、不安や緊張が絶えず働き、これがからだを緊張させて更年期に不定愁訴を生じさせます。これは、女性の心身症の一つにあげられていま す。

            


更年期障害の光線治療


  更年期障害の治療は、その障害の起こり方から明らかなように、自律神経系を安定させることが第一です。このためには、家族の理解と生きがいのある生活を送 ることが、更年期を克服するコツといえます。若いうちから心身の安定化を身につけることが望ましく、その上で年齢に見合った、バランスのとれた生活を心が けるべきです。

●光線治療
 自律神経失調症は、血流の減少を招き、皮膚温の低下、つまり冷え症につながります。更年期障害の多く は、冷え症をともないますので、まず、可視総合光線療法でからだをいつも温かい状態になるようにしておくことが大切です。それが、不定愁訴を自然に軽減さ せていくことになります。
 また、女性の場合は、そのライフサイクルから、不定愁訴は、更年期に限らず、それ以前においても起こりやすいと考えられますので、そのようなときにも可 視総合光線療法を役立て、さらに更年期障害の予防のためにも定期的に治療を継続することが大切です。
 成熟期の女性の卵巣を何らかの理由で提出した場合にも、「卵巣欠落症状」という人工的な更年期障害がみられることがあります。このようなときにも早めに
光線治療を行うことが大切です。



治療例


症例1

更年期障害
◇51歳 / 女性
◇症状の経過:
48歳のときに閉経した。この頃から顔のほてりや発汗が多くなり、肩こりも強く、婦人科で更年期障害と診断され、ホルモン注射を時々受けていた。足の冷え が強く、夜間は2時間おきにトイレに行く毎日だったため光線治療を始めた。


◇治療の経過:
光線治療を2ヶ月間続けたところ、足の冷えがかなり改善し、顔のほてり、発汗、肩こりも以前より楽になった。夜間尿も1~2回となりよく眠れるようになっ た。以来治療を継続している。


症例2
更年期障害
◇54歳 / 女性
◇症状の経過:
若い頃から胃下垂があり、あまり丈夫ではなかった。45歳頃から疲労感、頭痛、不眠、動悸などが強くなり時々入院したこともあった。自律神経失調や更年期 障害と診断されていた。閉経は52歳。

◇治療の経過:
2ヶ月間の光線治療で疲労感は軽減され、頭痛、動悸はなくなり、就寝前の脱力感も軽くなりよく眠れるようになった。治療開始2年後、食べ過ぎると時々胃が 重たくなる程度で体調はよい。


更 年期の過ごし方


  更年期は、女性であればだれもが経験する人生の節目といえます。この時期の不定愁訴は、程度の差こそあれ多くの方が体験しています。しかし、中にはたいし た症状を訴えず快適に生活を送っている方もいます。少しの事でくよくよせず、前向きな明るい性格の人が多いようです。更年期障害は、生命を脅かすものでは ないので大らかな気持ちで向き合うことが大切です。水泳、テニス、ダンス、エアロビクスなどのスポーツをしたり、お茶、お花などの趣味のサークル、ボラン ティア活動、またカルチャーセンターに通うなど積極的に生活を楽しもうという姿勢があれば、更年期障害による苦痛を和らげられます。家族の理解あるあたた かな接し方も重要です。規則正しい生活を行い疲れをためず、バランスの良い食事、そして自宅でできる可視総合光線両方によるからだのメンテナンスに心が け、この時期を第二の人生のスタートとしたいものです。


料金

初診料 → 1,000円

20分  → 3,000円

※10分毎に+1,500円になります









 




inserted by FC2 system